【Nightwish】 JAPAN TOUR 2016参戦レポ

二とウィッシュ JAPAN TOUR 2016

NIGHTWISH JAPAN TOUR  2016

 EX THEATER ROPPONGI 2016/4/19

Nightwish(ナイトウィッシュ)のJAPAN TOUR 2016、参戦してきました。

去年リリースされた『(Endless Forms Most Beautiful)エンドレス・フォームズ・モスト・ビューティフル』を引っさげてのジャパンツアー。

北米ツアーのあとアジアを回って日本入りしたっぽいですね。

今回は初日のEXシアター六本木へ。

ライブっていうよりショーでした。セトリ的には申し分なく。新譜中心にテンポ良く進んでった感じ。120分弱、あっという間でした。

アンコールのコールするまもなく畳みかけてきた感じ?というかアンコールやらずに全部込み込みのセトリだったのかなー。たぶん。

にしても、フロール姐さん素晴らしすぎた。

海外だとアリーナがソールドアウトしちゃうバンドなのに日本での人気はそこまでではないのでライブハウスで観れるのはなかなか貴重なんだってね。そのせいか外国人も結構来てました。

開演直前に外国人グループなだれ込んできていきなり人口密度上がった感。想定外だった…

しかもこのグループ、ライブ中ずーーーーっと喋ってる。バラードで静かになってる時もずーっと喋ってんの。大声で…ちょっとさすがにそれはどうなの…って思ったけど、無駄にデカイ私ですら見上げるくらいの大男の集団だったので何も言えず。

フロール姐さんとまではいかないけど、この時ばかりは180センチくらい身長欲しかったデス。

まさか170センチで己の小ささを実感するとは思わなかったっす。

ナイトウィッシュ2016

以下自分用メモ。

フロール・ヤンセンのローリングヘドバンを生で見れて良かった。凄い迫力だった。

常に髪がなびいてたので、舞台に送風機が設置していた模様。ローリングヘドバンで乱れた髪も一瞬にして解消されるシステム。

フロール姐さんは歌唱力もさることながらステージパフォーマンスが素晴らしくて、カッコ良くて、でもキュートで、惚れた。こういう人の事をディーヴァって言うんだろうな。

本当に素敵だった…神々しすぎて何度か拝みました。後利益ありそう。

なにより、フロールさんの声でスターゲイザー聴けてよかった。

ターヤファンには申し訳ないけど、完全に上書きされちゃいました。AfterFoeverからのファンとしてはやはりフロールびいき否めず。(とはいえAFはそこまで追っかけてなかったんだけど)

ヒール履いてるからたぶん2メートル超えてたんじゃないかね…おかげで後方からでもよく見えました。

マルコはCDより生の方が断然歌が上手かった。

ベース持ち替えたり上手下手の移動したりわりと激しく動いてました。

笑顔が可愛い金髪ロン毛髭おじさん。

マルコのあのヒゲはなんか後利益ありそうだよね。神社のしめ縄的な。

ツォーマスは思ってたより地味だった。

キーボードは動けないからこんなもんか〜。相変わらず笑顔が不気味でした。

ドラムは病気療養中のユッカに代わって、今作、今ツアーはカイさんて人が叩いてるんだけど、なかなか良かったです。(って比べる要素なにも持ってないんだけどさ)

結構低音が響く感じなんですかね、詳しくないんでよくわかんないけど、好きな音でした。

トロイさん何気に良い声でした。

イリアンパイプスとティンホイッスルが本当に美しくてうっとりしてしまった。

でも小さい上にイリアンパイプスは座らないと演奏できないから殆ど見えなかったけど(笑)笛吹いたりバグパイプ弾いたりギター弾いたりマルチっぷりを発揮しておられた。

メタルのライブでイリアンパイプスとティンホイッスル聴けるバンドなんて他にはないのでトロイさんにはずっと正式メンバーでいてほしいな。

小さいといえばエンプはマスコットかなにかなのかな?(笑)

妖精さんかな。ちょこちょこ上手下手移動してはみんなを和ませておりました。癒し。

ナイトウィッシュは全ての曲が素晴らしいのでめっちゃ楽しめました。

後方で視界があまり良くなかったのに、音楽が聞こえるだけで幸せな気分に。こりゃアリーナでも観に行きたくなるのわかる。

屋外のアリーナなんかで火とかぶっぱなす演出で観てみたいです。

つか、やっぱ早目にチケット取って場所取りしないとダメだな。

完全に出遅れてしまってしょんぼり。

楽しかったけど色々消耗してしまった。

なにより翌日もライブ(メイデンではありません、ワイナリードッグスです)だったので弱腰になってたのが良くなかった。

ずいずいっとフロアまで降りればよかったな。

メイデンの来日と微妙にかぶってたので客入りはどうかなーと思ったけど、800人くらいは入ってたのかな、最後方のエリアは封鎖されてましたが。

あ、あと関係者席にマサがいました。いるとは思ったけど本当にいた。

あとどっかで見たことあるような外国人と親しげに話していて、退場しながら色んな所からザワザワと

「あれ、誰だろうね、どっかで見たことあるけど…」っていう会話が出てて、そこに誰かが

「武藤じゃね?」

とか言うから!思わず吹き出してしまったじゃないか。

プロレスの武藤ね。たしかに似てたけども。たぶん違う。

っていう、この日は何故か大男に縁がある日だったな…

次回もフロールさんのままだったら本気でチケット取りに行こうと思います…

リベンジしよう。

セットリスト

  1. Shudder Before the Beautiful
  2. Yours Is an Empty Hope
  3. Ever Dream
  4. Storytime
  5. My Walden
  6. While Your Lips Are Still Red
  7. Élan
  8. Weak Fantasy
  9. 7 Days to the Wolves
  10. She Is My Sin
  11. I Want My Tears Back
  12. Nemo
  13. Stargazers
  14. Ghost Love Score
  15. Last Ride of the Day
  16. The Greatest Show on Earth(Chapter II; Chapter III)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。